ゆうゆうをより身近に、より深く知ってもらうために…  ゆうゆうDesign

Mission / ミッション

■悪循環にテコ入れする新しい発想を!

「低成長・人口減少・少子高齢化」の田舎町では、福祉サービスの低下が著しいものです。都会への人口流出・産業衰退・財政悪化の負のスパイラルの中で、福祉行政の困難さに喘ぐ自治体も 少なくありません。福祉を基点にこの悪循環にテコ入れをし、よりよく住み続けることのできる地域へと変貌させ、雇用維持・地元産業の活発化を実現し、財政を回復させ、さらなる福祉サービス向上を めざし、新しい発想のなかでチャレンジを続けること。ゆうゆうの活動の信念はそこにあります。
悪循環を好循環に変える新しい発想とチャレンジ



■地域に創るのではなく「地域を創る」こと

「低成長・人口減少・少子高齢化」の田舎町で福祉施設や専門的人材の充実は非常に厳しく、また、そのような縦割り・横割りの仕組みは、うまく馴染まなくて、福祉サービスの向上につながらないかもしれません。 「そこの困っている人に手を差し伸べる」ことこそが都会ではない地域の福祉であり、必要なのは「あらゆる住民にあらゆる住民が手を差し伸べること」のできる仕組みです。 【利用者】・【そこで働く人】・【地域】のすべてに対してよりよい仕組みを創造することが重要であると考えます。ゆうゆうが目指す「ノーマルな地域創り」とは、芽生えた新たな交流がその空間を越えて地域へとつながるようなものであり、限られた空間(施設や事業所)で完結するものを創り上げる営みではありません。「地域を創る」こと。ゆうゆうの目指すものはここにあります。

■ノーマライゼーションの理念

地域住民のあらゆるニーズに応えることが重要であることは間違いありません。たった一人のニーズであっても、しっかりと応えていくこと。実践はここからしか生まれないと考えます。サービス・支援の利用者が増えていく中で、「自分たちの目指すべきところに理念はあるのか」「何に基づいて経営・運営をしていくのか」を常に自分たちに問いかけることが重要だと考えます。個人の尊厳・ライフサイクル・文化・経済・環境・社会にとって柔軟で適正であることが地域住民の福祉に重要であり、ニーズを生むものとなるはずだと考えます。



Vision / ビジョン

■共生型の地域を創ること

地域福祉の人的資源は専門家や専従ボランティアだけではありません。地域住民の中で、支える人・支えられる人を区別なく一住民として役割を担っていく人たちを掘り起こしていくことが重要であると考えます。 児童・障がい者・高齢者・学生などを含む地域住民が世代を超え、有機的に交流する中で、「支え・支えられ」る体験を蓄積していくことで福祉や地域での活動に対する意識を高めることができます。ゆうゆうが目指しているのは高齢者や障がい者など従来的には「支えられる」人たちの就労を支援し、地域を「支える」人材を生み出すなど、あらゆる住民が有機的につながっている地域を創ることです。

■【場】の創造

地域住民が、福祉の担い手として、一住民として、活躍できる【場】を提供することが重要であると考えます。ゆうゆうの理念は「ひとづくり」と「まちづくり」の中にあります。
●ゆうゆうの取り組みの一例



沿革

平成15年
■ボランティアセンターとしての機能
■地域の社会資源として
■空き店舗対策の一環として
■登録学生500名
■「特色ある大学教育支援プログラム」選定
平成17年
■NPO法人取得
平成18年
■当別町ノーマライゼーションセンターにょきにょきの創設
■江別市に新たな拠点kaedeの創設
■当別町障害者相談支援事業の委託
■当別町ファミリー・サポートセンター事業の委託
■夕張市での取り組み
平成20年
■当別町共生型地域福祉ターミナルの創設
■当別町共生型地域オープンサロンGardenの創設
平成22年
■江別市共生型地域複合サロンよるのにじの創設
平成23年
■当別町共生型コミュニティー農園ぺこぺこのはたけの創設
平成24年
■ゆうゆうのいえの創設

▲トップへもどる